アルバイトとパート

定める期間の契約に基づいて雇用されている従業員をアルバイトといいます。
もともと、アルバイトは、ドイツ語の「Arbeit」から由来しており、日本語では労働という意味に当たります。
英語では、Parttimejobなどと呼びます。
アルバイトは、日本発祥の概念で、明治時代に学生の間で使われているのが一般化したといわれており、他国でアルバイトと呼ぶことはありませんが、韓国では、アルバイトゥやアルバと呼ばれています。


よくある疑問に、アルバイトとパートは何が違うかというものがあります。
パートは、いわゆるパートタイマーですが、アルバイトとパートには明確な違いはなく、一般的には、パートタイマーは短時間勤務、アルバイトは短期間勤務としての意味で使われています。
パートタイマーは、時間の一部という意味のままですが、「同一業務に従事する労働者に比して1週間の労働時間が短い者」と法律で定められています。
パートは、労働時間が正社員より短いだけで、業務は正社員と同じような業務を行っている印象があります。
主婦が働くケース多いのですが、雇用期間は長期にわたることが比較的多いです。


アルバイトは、学生などで本業が別にある人が副業的に働く場合によく使われています。
労働の期間が、パートに比べ短く、とあるイベント1週間や1日のみの仕事など短期間という印象があります。
仕事内容も、正社員が好まない仕事や深夜の仕事が多くなり、専門的ノウハウの必要な仕事はあまりありません。


◎特集
主婦や学生などアルバイトを探す際に便利な求人サイトです・・・アルバイト 求人

Copyright © 2014 アルバイトとは All Rights Reserved.